ピアノ調律のこと、

ピアノの調律を習いはじめて、
一年半ほど。




今週末は、はじめての検定試験(筆記)があります。











ピアノは、幼い頃から中学生頃まで地元のクラシック教室に通っていました。



物心ついた時から通っていたので、母が通わせたかったのでしょう。
当時は、譜面通りに弾くことに面白さを見出せず、週に一度のレッスンがそんなに楽しみではなかったな。



でも、ピアノを触ることは好きで、適当に弾いて遊んでいました。
思い返せば、その頃から「なにか作ること」の方が好きだったのかもしれません。






それから、吹奏楽部・合唱部・ゴスペルサークルを経て、今も音楽を続けています。










実家を離れてからは、電子ピアノが相棒でしたが、
数年前にアップライトピアノを譲り受けるご縁があり、今は色々な楽器と猫とともに暮らしています。









前置きが、長くなりましたね。
そんなこんなで、調律に興味を持ったのは、自分の中でとても自然な流れでした。









尊敬する音楽家、高木正勝さん。

彼は、よく蓋を開いてピアノを鳴らしていました。
私も真似して、開いて鳴らしはじめると、中の仕組みや鳴る原理、ピアノのことをもっともっと知りたくなった。







そして、働きながらでも通えるスクールを見つけた、というところです。










また、話し出すと止まらなくなりそうなので、今日はこの辺りで。
ピアノ調律のこと、続きはまたいつか。







森となる



森となる

sakurako araki solo project

0コメント

  • 1000 / 1000